SPECIAL
好きなことを見つける方法
好きなことを見つける方法

好きなことを見つけて仕事にしたい人へ好きなことは時間を忘れてしまうくらい夢中になれます。そして、困難も乗り越えられるものです。そんな好きなことを仕事にして、人生を充実させてみませんか?好きなことの見つけ方から仕事へつなげるために必要なことなどをお伝えします。好きなことを仕事にしたい人達の参考にしていただけるような内容を紹介していきます。【お問い合わせ先】

事前に面接マナーを確認

事前に面接マナーを確認

転職での面接チェックポイント

書類選考後の面接では、志望動機などをしっかり伝えられるように万全の準備をして臨みましょう。マナーが悪いことが、不採用の対象になることもあるのです。
面接時にどれだけ好印象を与えられるかが、転職成功へつながるポイントです。企業側から社風に合わないと思われるのは、絶対に避けたいことです。マナーを改善することで採用率が上がるのであれば、チェックしておくべきでしょう。ビジネスマナーができていないと、社員として企業の顔に相応しくないと面接官から判断されます。社員としてのマナーが、すでに面接時には問われているのです。

第一印象のポイント

面接時、先に応接室に入り待機している状態であれば、面接官が入室したらすぐに立ち上がりましょう。しかし、この基本動作ができていない人が多いようです。あいさつのマナーとしては、テーブルの向かい側に面接官が来たら、立ったままであいさつをします。自分の名前を言ったあとに「本日は面接のお時間をいただき、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします」と最初のあいさつをします。「お掛けください」と面接官から指示があれば座りましょう。
最近では、職場において大きな声ではっきりとあいさつをしている社員が少なくなってきました。日常の慣れから、基本のあいさつを怠るようになっている現状もあるようです。そのような、日常の癖がでないようにするためにも、日々きちんとしたあいさつを心掛けましょう。

会話のポイント

緊張して上手く話せない場合でも、意外とマイナスにならないことがあります。面接官は、緊張して話せないのか、準備をしてきていないのかを区別できる観察力があります。コミュニケーションの場でもある面接は、目を見て話すことが前提です。不自然な話し方、目をそらすことは自信がないように見え、マイナスポイントです。また声が小さいと発言が終わったと思われて、テンポよく会話が進みません。しっかりと語尾を言い切るように心掛けましょう。
さらに、注意すべきポイントはキャリアのある人の転職です。面接時に自然と横柄さがでることがあります。高圧的な態度は厳禁です。椅子に肘を置くなど、無意識のうちにでてしまう行動にも、気を付けましょう。

服飾メイクのポイント

職場での服装のカジュアル化やクールビズが常識になりつつある今ですが、面接時にそれは適しません。スーツが基本で、ジャケットも必要です。しかし、リクルートスーツにおいては好ましくない状況もあるので、考えて着用してください。
メイクも面接ではノーメイクではなく、清潔感のあるメイクを目指しましょう。応募者の印象がメイクばかりに向かい、本来の資質を見てもらえなくなるのは非常に残念なことです。社会人としてのマナーでもあるので、ネイルも控えめにしましょう。
あいさつや服装と同様に、社員としてお客さまの前に立てるかが問われます。面接官も、その場では注意できないデリケートな部分なため、気を遣わせないようなナチュラルなメイクを心掛けてください。

好きなことを仕事にしたい人におすすめ!

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの関連ニュース