SPECIAL
好きなことを見つける方法
好きなことを見つける方法

好きなことを見つけて仕事にしたい人へ好きなことは時間を忘れてしまうくらい夢中になれます。そして、困難も乗り越えられるものです。そんな好きなことを仕事にして、人生を充実させてみませんか?好きなことの見つけ方から仕事へつなげるために必要なことなどをお伝えします。好きなことを仕事にしたい人達の参考にしていただけるような内容を紹介していきます。【お問い合わせ先】

好きなことを仕事にするべき理由

好きなことを仕事にするべき理由

好きな仕事であればリスクが低い

好きなことが仕事になっていれば、自分のポテンシャルも自然と上がってきます。様々なリスクを考えながら嫌な仕事を選ぶよりは、よい効果が期待できる好きなことを仕事にすべきです。ここでは、このよい効果を具体的に記載していきます。

脳の若返り効果

人間は欲求がなくなると、脳の老化が進行してしまいます。様々なことに関心を持つことが、元気な脳でいられる理由です。これは「大人の脳科学常識」という書籍でも紹介され、欲求の重要性を述べています。
好きなことを仕事にすると脳には好影響であると、医療の発達により証明されてきました。ある医療機器では、今まで不可能だった脳の血流の変化などが記録できるようになりました。脳は使うことで、血流が活発になり筋力も使われます。今まで脳は衰えていくことが一般的でしたが、使うことで成長できることが判明したのです。
好きなことは、注意力、集中力、ストレスの抑制などの自己コントロールによって脳の活性化が期待できます。まさに、好きなことは脳のアンチエイジングにつながると言えるでしょう。

心が豊かになる

自分の生き方や意思を強く持ちながら仕事に取り組むと、周囲から批判されることもあります。そんな時でも、自分を信じることで心はとても豊かになるものです。「よい環境でなくても、モチベーションを高める方法は、尊厳のために生きることだ」とある書籍でも紹介されています。そして、自分の尊厳をないがしろにしてまで、興味のないのに関心があるように見せることも問題であると提起しています。周囲が作り上げたゴールに翻弄されず、自分で決めたゴールを目指すことが必要なことなのです。
また、人生の勝ち組にこだわり過ぎると、自分自身を卑屈にして傲慢な人間にしてしまう可能性があります。成功したいのなら、他人の評価に振り回されず、やる気をだすことだけに集中しましょう。大切なことは、尊厳がある生き方です。モチベーションを高く持ち続け、自分のために生きることを前提としてみてください。自分が好きなことを仕事にできれば、目に見えた成功よりも価値の高いものが手に入ります。その生き方こそが、心を豊かにしてくれるのです。

湧き起こる発想力

近年の脳科学研究では、安静にしている時でも脳は多くの情報処理を行っていることが分かってきました。意識的に仕事を行うと脳は活発に動くと思われていましたが、最近の研究によれば安静時こそ重要な活動をしていると判明されたのです。
脳は「デフォルト・モード・ネットワーク」と呼ばれるところで神経を動かす働きがあります。また、脳の活動を統括する役目も担っています。神経活動を活発にするためにエネルギーを消費している脳は、この「デフォルト・モード・ネットワーク」の恩恵を受けて多くの情報を蓄積していきます。そして、休息中に蓄積された情報と合わさり、ひらめきが生まれるのです。このひらめきは、いろいろなシチュエーションで生まれ、好きなことが仕事になれば、創造的な発想が浮かぶ可能性が高くなるでしょう。

好きなことを仕事にしたい人におすすめ!

あなたにおすすめの記事

あなたにおすすめの関連ニュース